海外・国内レンタルWiFiのグローバルモバイル

>
>
法人におすすめ!ポケットWiFiの活用法とメリットを解説

法人におすすめ!ポケットWiFiの活用法とメリットを解説

ポケットWiFiは、ビジネスシーンにおいて欠かせないアイテムとなっています。法人での利用は、業務の効率化や生産性の向上に大きく貢献します。

この記事では、法人におけるポケットWiFiの具体的な使用用途と必要な台数について詳しく解説します。

出張時の通信環境確保

頻繁に外出する営業担当者や、取引先との重要な打ち合わせがある管理職など、出張があるスタッフにとって、ポケットWiFiは必須のツールです。

外出先でもインターネットに接続できるため、メールのチェックや資料の送受信、クラウドサービスへのアクセスなどがスムーズに行えます。

出張が多い部署では、スタッフ一人につき1台のポケットWiFiが必要でしょう。

イベント会場での利用 

展示会やセミナー、商談会など、イベント会場での通信環境は不安定になりがちです。ポケットWiFiを用意することで、デモンストレーションやプレゼンテーションをスムーズに行うことができます。

また、ポケットWiFiを使用して、SNSやメッセージアプリなどを利用し、参加者との交流を促進することができます。情報の共有を円滑に行うことができ、新たなビジネスチャンスやパートナーシップの機会を創出できます。

イベントの規模に応じて、5〜10台程度のポケットWiFiを用意するのがおすすめです。

社外会議での活用

取引先との会議やカフェでの打ち合わせなどでも、ポケットWiFiは大活躍します。

インターネット接続に依存しないので、場所を選ばず作業を行うことができます。リアルタイムで資料の共有ができ、Web会議ツールも利用できるため、意思決定の質と速度を向上させます。また、公共のWiFiネットワークを使用する場合に比べて、ポケットWiFiを使用することでセキュリティリスクを低減し、プライバシーを保護することができます。

会議の頻度と参加人数を考慮して、適切な台数を用意しましょう。

在宅勤務の支援

昨今、在宅勤務を導入する企業が増えています。自宅の通信環境が不安定な社員に対してポケットWiFiを支給することで、業務の継続性を確保できます。

従業員にとっても、ポケットWiFiの提供は便利で有益な福利厚生として捉えられます。従業員が仕事を行う環境やツールに満足している場合、企業に対する評価が向上し、離職率が低下する可能性があります。さらに、ポケットWiFiを提供することで、従業員は自宅でのインターネット接続費用を負担する必要がなくなります。

在宅勤務者の人数に応じて、必要な台数を算出しましょう。

研修のリモート化 

コロナ禍に実施して意外とコスパが良かったということで、入社時などの社員研修をリモートで行う企業が増えています。

ポケットWiFiを使えばビデオ会議でグループワークやディスカッションもスムーズに行えるため、チームワークを構築・維持しながら研修を行うことが可能です。在宅勤務を促進することにもなるため、通勤時間の削減や家族との時間を増やすなど、従業員のワークライフバランスが向上します。

防災・BCP対策 

災害時や緊急時に、通信インフラが寸断された場合でも、ポケットWiFiがあれば社内の連絡網を維持できます。災害対策・BCP(事業継続計画)の一環として、非常用のポケットWiFiを用意しておくことをおすすめします。

おわりに

弊社では、法人のお客様のニーズに合わせた最適なポケットWiFiのご提案が可能です。

通信量や利用エリア、必要な台数など、お客様のご要望をヒアリングし、コストパフォーマンスに優れたプランをご用意いたします。また、24時間365日のサポート体制で、トラブル発生時にも迅速に対応いたします。

ポケットWiFiは、法人の業務効率化と生産性向上に欠かせないツールです。出張、イベント、在宅勤務、社外会議、防災・BCP対策など、様々な場面で活躍します。弊社では、お客様のビジネスを強力にバックアップいたします。ぜひ、貴社の業務改善に、グローバルモバイルのポケットWiFiをご活用ください。お問い合わせをお待ちしております。

グロモバのポケットWiFiを予約する

株式会社インバウンドプラットフォーム
グロモバ事業部

〒105-0004 東京都港区新橋6-14-5 SW新橋ビル4階
TEL:03-6809-2518

Copyright © Global Mobile. All Rights Reserved.